190215title
平成30年5月、経済産業省及び特許庁は15年ぶりとなるデザインを主題とした政策提言「デザイン経営」宣言を公表しました。
「デザイン経営」は、「デザイン」を企業価値向上のための重要な経営資源として活用する経営を指し、その実践には、①経営チームにデザイン責任者がいること、②事業戦略構築の最上流からデザインが関与することが必要です。
「デザイン」を企業の経営戦略の中心に据え、投資する企業は、ブランド力とイノベーション力の向上により、高い競争力の保持が期待されます。
本セミナーでは、「デザイン経営」を実践するために、デザイナーと企業が、どの様に出会い、関わっていくべきか、そのヒントを、事例を交えてご紹介致します。
九州の中小企業、支援機関、自治体、デザイナーの皆様等、多くの方のご来場をお待ちしております。
■日 時:平成31年2月15日(金曜日)13時00分~17時00分
■場 所:福岡アジア美術館「あじびホール」(福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル 8階)
▪︎対 象:九州管内の中小企業、支援機関、自治体、デザイナーの方々等
■定 員:100名(先着順)
■参加費:セミナー参加のみ:無料
交流会参加の場合は有料(4,000円)です
■申込先:氏名(フリガナ付)・企業(団体)名・電話番号・FAX・E-mail・交流会に参加/不参加・講師へのご質問があれば、を明記の上、下記連絡先までメールまたはFAXにてお申し込みください。
E-mail:fdljimu@f-design.gr.jp
FAX  :092-405-0825
■主 催:九州経済産業局
■後 援:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県
ちらし
【内容】(セミナー内容は多少変更させて頂く場合がございます)
「九州デザインファイル完成について」 13時00分~13時05分
講師:九州経済産業局 産業部 サービス産業室
「イノベイティブな関係性をつくる~大阪・メビック扇町の活動を通して~」 13時10分~13時55分
講師:クリエイティブネットワークセンター大阪 Mebic扇町 所長・チーフコーディネーター 堂野 智史(どうの さとし)
講師プロフィール:
大学院を修了後、シンクタンク研究員を経て、2003年5月から現職。Mebic扇町ではクリエイターの「ネットワークづくり」「情報発信」「他業種とのビジネスマッチング」「プロデュース能力の向上」の4つの活動方針のもと、企業とクリエイターとの出会いをサポート。2003年の開設から現在までに3,000件を超えるビジネスマッチングが実現している。
講演概要:
大阪市がクリエーティブ産業支援のために設置したメビック扇町。その効果は多岐にわたるものがあるが、特にデザイナーと企業をつなぐ手腕は以前より高い評価がある。毎年生まれる数多くの成功事例。フェースtoフェースから自然発生するベストマッチングの妙。メビック流パートナー選びの極意を紐解いて頂く。
「1万人の社外人材と共創するオンライン商品開発手法Wemakeとは」 14時00分~14時45分
講師:株式会社A(エイス) 代表取締役 大川 浩基(おおかわ ひろき)
講師プロフィール:
2015年にクリエイターや生活者といった「個人」と「企業」が共創して、新商品・新規事業創出を行うオープンイノベーションプラットフォームWemakeをリリース。過去に、富士ゼロックス、ダイキン工業、NEC、小林製薬、KOKUYO等の大企業とプロジェクトを実施。その他にも、全国各地にある技術力の高い町工場とクリエイターとの新商品開発プロジェクトWemake labに取り組む。
講演概要:
デザインコンペとは一線を画す企業とデザイナーの橋渡しシステムWemake。基本ネット上でのやり取りで1万人を超える社外人材と企業を結びつけ、効率的により優れた商品開発ができる秘密とは。働き方の多様が求められる時代に即したマッチングのあり方をご提示頂く。
クリエイタープレゼン +パネルディスカッション 14時55分~16時45分
「企業×デザイナー、その効能とパートナー選びについて」
ファシリテータ:株式会社ブンボ 代表取締役社長/プロデューサー 江副 直樹
九州デザインファイルガイダンス NPO・FUKUOKAデザインリーグ
クリエイタープレゼン  「九州デザインファイル」掲載事例紹介
パネルディスカッション 講師+デザイナー+企業
知財総合支援窓口の紹介
福岡県中小企業振興センター 知的財産支援センター 佐々木 賢
セミナー終了後、交流会(会費4,000円)を開催致します。