News & Topics

経営とデザインの未来を拓くセミナー

190215title

平成30年5月、経済産業省及び特許庁は15年ぶりとなるデザインを主題とした政策提言「デザイン経営」宣言を公表しました。

「デザイン経営」は、「デザイン」を企業価値向上のための重要な経営資源として活用する経営を指し、その実践には、①経営チームにデザイン責任者がいること、②事業戦略構築の最上流からデザインが関与することが必要です。
「デザイン」を企業の経営戦略の中心に据え、投資する企業は、ブランド力とイノベーション力の向上により、高い競争力の保持が期待されます。

本セミナーでは、「デザイン経営」を実践するために、デザイナーと企業が、どの様に出会い、関わっていくべきか、そのヒントを、事例を交えてご紹介致します。

九州の中小企業、支援機関、自治体、デザイナーの皆様等、多くの方のご来場をお待ちしております。

■日 時:平成31年2月15日(金曜日)13時00分~17時00分
■場 所:福岡アジア美術館「あじびホール」(福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル 8階)
▪︎対 象:九州管内の中小企業、支援機関、自治体、デザイナーの方々等
■定 員:100名(先着順)
■参加費:セミナー参加のみ:無料
交流会参加の場合は有料(4,000円)です

■申込先:氏名(フリガナ付)・企業(団体)名・電話番号・FAX・E-mail・交流会に参加/不参加・講師へのご質問があれば、を明記の上、下記連絡先までメールまたはFAXにてお申し込みください。
E-mail:fdljimu@f-design.gr.jp
FAX  :092-405-0825

■主 催:九州経済産業局
■後 援:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

ちらし

【内容】(セミナー内容は多少変更させて頂く場合がございます)
「九州デザインファイル完成について」 13時00分~13時05分
講師:九州経済産業局 産業部 サービス産業室

「イノベイティブな関係性をつくる~大阪・メビック扇町の活動を通して~」 13時10分~13時55分
講師:クリエイティブネットワークセンター大阪 Mebic扇町 所長・チーフコーディネーター 堂野 智史(どうの さとし)
講師プロフィール:
大学院を修了後、シンクタンク研究員を経て、2003年5月から現職。Mebic扇町ではクリエイターの「ネットワークづくり」「情報発信」「他業種とのビジネスマッチング」「プロデュース能力の向上」の4つの活動方針のもと、企業とクリエイターとの出会いをサポート。2003年の開設から現在までに3,000件を超えるビジネスマッチングが実現している。
講演概要:
大阪市がクリエーティブ産業支援のために設置したメビック扇町。その効果は多岐にわたるものがあるが、特にデザイナーと企業をつなぐ手腕は以前より高い評価がある。毎年生まれる数多くの成功事例。フェースtoフェースから自然発生するベストマッチングの妙。メビック流パートナー選びの極意を紐解いて頂く。

「1万人の社外人材と共創するオンライン商品開発手法Wemakeとは」 14時00分~14時45分
講師:株式会社A(エイス) 代表取締役 大川 浩基(おおかわ ひろき)
講師プロフィール:
2015年にクリエイターや生活者といった「個人」と「企業」が共創して、新商品・新規事業創出を行うオープンイノベーションプラットフォームWemakeをリリース。過去に、富士ゼロックス、ダイキン工業、NEC、小林製薬、KOKUYO等の大企業とプロジェクトを実施。その他にも、全国各地にある技術力の高い町工場とクリエイターとの新商品開発プロジェクトWemake labに取り組む。
講演概要:
デザインコンペとは一線を画す企業とデザイナーの橋渡しシステムWemake。基本ネット上でのやり取りで1万人を超える社外人材と企業を結びつけ、効率的により優れた商品開発ができる秘密とは。働き方の多様が求められる時代に即したマッチングのあり方をご提示頂く。

クリエイタープレゼン +パネルディスカッション 14時55分~16時45分
「企業×デザイナー、その効能とパートナー選びについて」
ファシリテータ:株式会社ブンボ 代表取締役社長/プロデューサー 江副 直樹
九州デザインファイルガイダンス NPO・FUKUOKAデザインリーグ
クリエイタープレゼン  「九州デザインファイル」掲載事例紹介
パネルディスカッション 講師+デザイナー+企業

知財総合支援窓口の紹介
福岡県中小企業振興センター 知的財産支援センター 佐々木 賢

セミナー終了後、交流会(会費4,000円)を開催致します。

デザインカフェ【番外編】

designCafe_bangaihen

パキスタンの首都イスラマバードからインダス川をたどり、カラコルム山脈の桃源郷「カリマバード」へ、そしてパミール高原の国境クンシュラブ峠(4,733m)を越えてウイグル自治区に入り、タクラマカン砂漠を縦断してコルラまで3,300キロのバスの旅でした。
 インダス川では中国の援助による巨大ダムが2箇所計画され一帯一路政策が静かに進んでいました。カリマバードでは晴天に恵まれカラコルム山脈の高峰を望み、またワヒ族が暮らす村では盲目の老人が弾くシタールを聴き、ウイグル自治区に入いると監視されていることを否応なしに感じさせられた旅でした。そんな旅の報告を行います。
旅人・報告:照井 喜明

■日 時  2018年12月18日(火)18時30分~
■会 場  大橋九州大学サテライト1F
      (福岡市南区大橋1-3-27)

■参加料  500円(コーヒー付き)
■主 催  NPO法人FUKUOKAデザインリーグ

■お申し込みは
fdljimu@f-design.gr.jp

デザインカフェVol.31 つなぐデザイン ー杉と地域と社会とデザインとー

181123titile
つなぐデザイン
ー杉と地域と社会とデザインとー

デザインの本当の役割を追い求め様々うろついて、迷って、分かり始めたこと。
デザインとはつながりを形にすることだった
元々は一企業のインハウスデザイナーであった若杉氏。
しかし地域や社会を想う中で、その活動はジャンルを越えたものに変わっていきました。
氏が設立した「日本全国スギダラケ倶楽部」のお話など、様々に模索しながら
社会と繋がっていくデザイン活動について伺います。

□講師プロフィール
若杉浩一
パワープレイス株式会社 シニアディレクター/プロダクトデザイナー

1959年生まれ 熊本県天草郡出身
1984年九州芸術工科大学芸術工学部工業設計学科卒
同年株式会社内田洋行入社、デザイン、製品企画、知的生産性研究所テクニカルデザインセンターで製品開発と研究開発を行い、
2013年、内田洋行のデザイン会社であるパワープレイスにて、ITとデザインのメンバーを集めリレーションデザインセンター設立。
2002年から、会社外の活動で地域や社会のデザインを想い「日本全国スギダラケクラブ」を設立。全国で地域とデザインを実践し、2018年、会員数2400名、全国で様々な活動をしている。企業の枠やジャンルの枠にこだわらない活動を行い、やりすぎて何度もデザイナーを首になるも、性懲りもなく、企業と個人,社会の接点を模索している。
2019年から武蔵野美術大学、造形構想学部、クリエイティブイノベーション学科、教授。
現在 東京藝術大学非常勤講師、九州大学客員教授。
181025_cafe31

■日時   2018年11月23日(金・祝)18時~20時
■場所   九州大学大橋サテライト(福岡市南区大橋1-3-27)
■参加費  1,000 円(コーヒー付き)
■申込締切 2018年11月19日(月)当日参加も可能です。
■申込先  FUKUOKAデザインリーグ事務局
e-mail:fdljimu@f-design.gr.jp tel:092-551-0825

DesignCafe31_ちらし

第10回ユニバーサルキャンプin九州 -海の中道海浜公園-

UDcamp2018

ユニバーサルキャンプは、年齢、性別、障がいの有無、国籍や文化の違いにかかわらず、ダイバーシティ(Diversity=多様性)の視点に立ち、「みんなが一緒にいきいきと暮らせる社会」の実現を目指す交流イベントです。
行動を共にし、様々なプログラム体験を通して誰もがそれぞれに出来ること、出来ないことがあることに気づき、参加者の一人ひとりが尊厳を持つ対等な関係であることを理解します。

◯プログラム(案)
・ピザ窯づくりとピザづくり
・ユニバーサル・スポーツ「ボッチャ」
・手作り体験(箸作り、博多織タッセル)
・最新車椅子(WHILL Model C)試乗体験
・BBQ
・大瀧由美子さん『手話ライブ』

● 場所 海の中道海浜公園デイキャンプ場
〒811-0321 福岡市東区大字西戸崎18-25

● 開催日 2018年10月27日(土) デイキャンプです。
(荒天の場合、11月10日に順延します)
●参加費 一般 4,500円  学生 2,000円  子ども(高校生以下)1,000円
※食費・傷害保険 込
※現地までの交通費(往復)は各自でご負担ください。
※ 申込書記載の個人情報に関しては、保険会社(国内旅行傷害保険)へ情報提供いたします。当キャンプの目的以外には使用いたしません。

●お問い合わせ・お申し込みは
NPO法人 FUKUOKA デザインリーグ 事務局まで!
福岡市南区大橋1-3-27 〒815-0033
九州大学 大橋サテライト内
電話:092(551)0825  FAX:092(405)0825

2018ユニバーサルキャンプ ちらし

申込書および誓約書

経営とデザインのあり方をさぐるセミナー

181011title

本年5月、経済産業省・特許庁は15年ぶりとなるデザインを主題とした政策提言「デザイン経営」宣言を公表しました。「デザイン経営」とは、「デザイン」を企業価値向上のための重要な経営資源として活用する経営を指します。

「デザイン」とは造形の美のみを指すのではなく、企業が大切にしている価値、それを実現しようとする意志を表現する営みや考え方自体のことを指します。それは、個々の製品の外見を好感度の高いものにするだけではなく、ブランド価値を生み、更には、人々が気づかないニーズを掘り起こし事業化する営みを通じ、イノベーションを実現する力ともなります。

供給側の思い込みを排除し、観察する。気づいた潜在的ニーズを、企業の価値・意志に照らし合わせ、“誰のために何を行いたいか”という原点に立ち返ることで、既存事業に縛られない構想が生まれ、企業業績を上げる一助となるのでは無いでしょうか。

九州の中小企業、支援機関、自治体、クリエイターの皆様等、多くの方のご来場をお待ちしております。

■日 時:平成30年10月11日(木曜日)13時00分~17時00分(予定)
■場 所:福岡アジア美術館「あじびホール」(福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル 8階)
▪︎対 象:九州管内の中小企業、支援機関、自治体、クリエイターの方々等
■定 員:100名(先着順) ※※定員に達しましたので、受付を締切りました。ありがとうございます。
■参加費:セミナー参加のみ:無料
交流会参加の場合は有料(4,000円)です

■申込先:氏名(フリガナ付)・企業(団体)名・電話番号・FAX・E-mail・交流会に参加/不参加・講師へのご質問があれば、を明記の上、下記連絡先までメールまたはFAXにてお申し込みください。
E-mail:fdljimu@f-design.gr.jp
FAX  :092-405-0825

■主 催:九州経済産業局
■後 援:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県(予定)

ちらし

■内容(セミナー内容は多少変更させて頂く場合がございます)

「デザイン政策とデザイン経営宣言」 13時5分~13時35分
講師:経済産業省 クールジャパン政策課 デザイン政策室 課長補佐・室長補佐 菊地 拓哉

「デザインは経営の役に立つのか?」 13時35分~14時15分
講師:HAKUHODO DESIGN 代表取締役社長 永井 一史

講師プロフィール:
HAKUHODO DESIGN 代表取締役社長/クリエイティブディレクター/アートディレクター 1961年生まれ。1985年多摩美術大学卒業後、博報堂入社。2003年、デザインによるブランディングの会社HAKUHODO DESIGNを設立。様々な企業・商品や行政施策のブランディング、VIデザイン、プロジェクトデザインを手掛けている。主な仕事に、サントリー「伊右衛門」、資生堂「企業広告」など。2015年から東京都「東京ブランド」クリエイティブディレクター、2015年から2017年までグッドデザイン賞審査委員長を務める。著書・共著書に『経営はデザインそのものである』、『博報堂デザインのブランディング』など。

講演概要:
「デザイン経営宣言」を検討した「産業競争力とデザインを考える研究会」委員であり、(株)HAKUHODO DESIGNの代表。加えて日本を代表するデザイナーでもある永井氏。まさにデザインを携えて企業経営を行って居る立場から、デザインの経営への活用について紐解いて頂く。

「デザインに役立てる哲学的思考~本質観取とは何か?~」14時15分~15時15分
講師:熊本大学 教育学部 准教授 苫野 一徳

講師プロフィール:
1980年生まれ。哲学者・教育学者。早稲田大学教育・総合科学学術院助手などを経て、現在熊本大学教育学部准教授。著書に『はじめての哲学的思考』、『「自由」はいかに可能か』、『子どもの頃から哲学者』、『どのような教育が「よい」教育か』、『教育の力』、『勉強するのは何のため?』等がある。現在、元楽天創業副社長の本城慎之介氏、元埼玉県小学校教諭の岩瀬直樹氏らと共に、2020年開校予定の幼小中「混在」校、軽井沢風越学園を設立準備中。一般財団法人軽井沢風越学園設立準備財団理事。

講演概要:
哲学界の若きエースである苫野氏。彼の説く理論は、物事の本質を洞察し、いかに幸せに生きるかという命題と直結している。デザインを経営に活用する際、顧客、従業員をはじめとした企業を取り巻く人々をどうすれば幸せにできるか、その本質を導き出す。
講師及びファシリテータによるパネルディスカッション 15時25分~16時35分

「デザインの本質から見えてくる企業におけるデザイン活用」パネルディスカッション
ファシリテータ:FUKUOKAデザインリーグ 武永 茂久

デザイン活用事例集「九州デザインファイル(仮称)」の制作について
九州経済産業局 産業部 流通・サービス産業課 サービス産業室長 西下 尚樹

知財総合支援窓口の紹介
福岡県中小企業振興センター 知的財産支援センター 佐々木 賢

■申込先及び申込みに関するお問い合わせ先
NPO法人FUKUOKAデザインリーグ事務局(担当:岡)
電話:092-551-0825 FAX:092-405-0825
E-mail: fdljimu@f-design.gr.jp

FUKUOKAデザインリーグ事務局 夏季休業のお知らせ

誠に勝手ながら、下記のとおり事務局は夏季休業とさせていただきます。

夏季休暇期間
2018年8月1日(水) ~ 2018年8月15日(水)
(九州大学大橋サテライト休業 8月11日〜8月15日)

※8月のFDL運営会議は 第1火曜日 8月7日(火)18:30 〜20:30 開催します。
(通常は第2火曜日開催)

宜しくお願い致します。

デザインインターンシップ2018 参加者募集!

今年もデザイン、建築事務所(下記4社:6/27現在)などへのインターンシップを受付けます。

<建築設計,ランドスケープ>
1 株式会社 環境デザイン機構
<広告・グラフィック>
2 株式会社analogue
<ディスプレイ>
3 株式会社 ツカサ創研 福岡本店
<総合デザイン>
4 株式会社 ジーエー・タップ

募集要項など、書類をよく読み、FUKUOKAデザインリーグまでお申し込みください。

申込〆切り 7月8日(日)必着

00インターンシップ2018受入事務所の紹介 6月27日現在

01募集要項2018

02参加申込書2018(PDF)

02参加申込書2018(.doc)

03FDLインターンシップ保険加入証明書(.doc )

04インターンシップ誓約書2018(.doc)

05(必読)デザインインターンシップ参加にあたって(.pdf)

06インターンシップ2018実習レポートformat(.pdf)

申込先メールアドレス

fdljimu@f-design.gr.jp

必ず件名に「デザインインターンシップ申込」と書いてください。

申込を送信してから2営業日過ぎても返信がない場合は、ご連絡ください(092-551-0825)。

事務局営業日 月〜金 10時〜17時

Design Cafe Vol.30 日本のピクトグラムのお話/「Stock&Flow」のお話

2018-05-28 12.09.02

30 回目のFDL デザインカフェは、5 月にFDL 理事長を
退任された定村俊満氏の登場です。
定村氏は現在、公益社団法人日本サインデザイン協会の
調査研究委員会委員長として、2020年東京オリンピック・
パラリンピックに向けた標準案内用図記号の開発を進め
られています。今回は、talk1 としてピクトグラム開発
の秘話、裏話等ピクト開発現場のお話、talk2 では氏のデ
ザイン感「Stock & Flow」のお話を伺います。

talk1
2020オリパラにむけて進行中
日本のピクトグラムのお話

現在国内のピクトグラムの規格は、エコモ財団(国土交通
省系)の標準案内用図記号と、日本規格協会(経済産業省
系)のJIS Z8210 案内用図記号があり、世界の標準規格
にはISO とAIGA の2つのスタイルがあります。
そんな中で、2020 年東京オリパラに向けた日本のピクト
グラム整備の状況を報告していただきます。

talk2
幸せ×デザインversion 2
「Stock & Flow」のお話

デザインの目標は「社会と人の幸せの最大化」という定村
氏のデザイン感を、経済の指標である「Stock & Flow」
をキーワードにお話していただきます。
さらに、デザインの価値やデザイン格差、次世代のデザイ
ン手法等について、参加者の皆様と一緒に議論し、考えて
みたいと思います。

■定村俊満プロフィール
株式会社ソーシャルデザインネットワークス代表取締役
1975 九州芸術工科大学画像設計学科卒業
2001 株式会社ジーエータップ代表取締役社長
2014 株式会社ソーシャルデザインネットワークス設立
□ 社団法人日本サインデザイン協会常任理事
□ 国交省バリアフリー整備ガイドライン改訂検討委員会委員
□ 2020 年東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた案内用図記
号(ピクトグラム)作成検討委員会委員
□ 福岡市ユニバーサル都市・福岡推進協議会会長
□ 福岡市バリアフリー推進協議会委員
□ 福岡市クリエイティブ福岡推進協議会幹事

日時   2018 年6 月14 日(木曜日)18 時30 分~20 時30 分
場所   九州大学大橋サテライト(福岡市南区大橋1-3-27)
参加費  1,000 円(コーヒー付き)
申込締切 2018 年6 月11 日(月曜日)当日参加も可能です。
申込先  FUKUOKA デザインリーグ事務局
e-mail:fdljimu@f-design.gr.jp tel:092-551-0825

デザインカフェVol.30 ちらし

ユニバーサルカレンダー2018

2018calendar_hyoshi
2018calendar01

今年もつくりました。
高齢の方、視力が弱い方、視野狭窄の方、その他目に問題を抱えていらしゃる方に『見やすい』ことを優先してつくったカレンダーです。
黒地に白文字、新しく採用したストレートタイプで光の反射を抑えた仕様、要素を極限まで絞ったデザイン。
またスマートフォンユーザーには印刷されたQRコードを読み込み、音声読み上げ機能を使うことで、音声で季節の情報や歳時記などを楽しめる仕掛けを施しています。

universal calendar2018(1月始まり)
■サイズ A3サイズ
■価 格 2,000円

2018note
universal calendar2018(1月始まり)
白黒反転スケジュール帳
■サイズ A5サイズ
■価 格 600円
※郵送希望の場合、別途送料をいただきます。

■問合せ先  FUKUOKAデザインリーグ事務局
fdljimu@f-design.gr.jp tel:092-551-0825
福岡市南区大橋1-3-27 九州大学大橋サテライト内  担当:岡

第20回 FUKUOKAデザイン界合同大望年会2017

2017-11-14 15.14.35

いつも大変お世話になっております。
今年も開催致しますFUKUOKAデザイン界合同大望年会!
記念すべき20回!!盛大に盛り上がりたいと思います!
ふるってのご参加よろしくお願いいたします。

■主催 デザイン都市を創る会
■共催 npo FUKUOKAデザインリーグ

■日時 2017年12月5日 18:30時開場 19:00開演

■会場 ザ・オーナーズスイート ホテル イル・パラッツォ B1F
(福岡市中央区春吉3-13-1 B1F TEL092-716-3333)

■会費 一般¥5500 学生¥4500

記念すべき20回目の大パーティー
・ステージパフォーマンス/グループゲーム/プレゼント抽選会等々
・20回目なので二十 二重 20にちなんだ工夫をしてお越しください

チラシyearendparty2017_A4

■申し込み先 問い合わせ先

1 デザイン都市を創る会 事務局
垣田健壱郎デザイン事務所内 (垣田)
福岡市中央区赤坂3-13-32-205 TEL092-761-8092
kakitakenichirou@gmail.com

2 FUKUOKAデザインリーグ事務局(岡)
〒815−0033 福岡市南区大橋1−3−27
九州大学大橋サテライト内
TEL:092−551−0825 FAX:092−405−0825
Email fdljimu@f-design.gr.jp

3 有限会社ファーストデザイン (兒島)
〒810-0023福岡市中央区警固1-12-5 205号
TEL092-738-1171 FAX092-738-1178
kojima@1st-design.co.jp

Search
LINK
kizuna-japan.com
Fukuoka DesignLeagueをフォローしましょう

Return to page top